上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイを見つけたヤマトさん達。

「やすが火影直属の暗部ですね」

ヤマトの指先からカギが生えている。

「どういうことか詳しく聞こうか」
暗部メンバー情報の封筒が残っている。カブト、詰めが甘い~(笑)。

サイの姿がヤマトさん達に見つかった時点で、任務は失敗。

木ノ葉を潰すために。

またあの悲劇を繰り返す?

三代目!!!

ぎゃ!月光ハヤテ!!!
そばには、髪が長い暗部が!

木ノ葉崩しの惨劇を繰り返す?

「さあ、命令だからね」

僕は何者でもない。

感情を殺すための訓練も。

契りの里。

きゃ~!久々のカカシ先生from波の国!

「その昔、契りの里と呼ばれたところでは、

忍者になるための最大の難関があった…」

サイは是とも否とも。

サクラ、サイの忘れ物、絵本を渡す。

この本は兄さんへのプレゼント。

出来上がる前に兄は病で死んだと。

サイが兄を殺した訳ではない?


カブト、扉を開けるが誰もいない。

封筒は?


外、サイを繩巻にしてヤマトさん達が周りを取り囲む。

サスケを取り戻す!



お、おまけのコーナではなくて…。もう一編?

「あの種はどこへ」 (笑)

種の威力はいつまで続くのか。

2、3日。

便所かな~。 (笑) パアアアア~!ナルトのうれしげなお顔~(笑)。

サクラ、ナルトにデリカシーを学べと。




長い~長すぎるぅ~。
もったりぃ~。

ま、久々のカカシ先生のお姿とお声が聞けたのでよしとしましょうか~(笑)。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近、書いたもの

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。