上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木は森アーツセンターギャラリーで開催中の、
ONE PIECE展に行ってきました。
5月2日の18時からの組。

案内のスタッフさん達がONE PIECE展の麦わら達と同じ格好でお出迎え。
黒服て行ったわたしは白タイをすればお揃い?とか思ったス。
女性はゴージャスなドレス姿だともっといいとか思ったのは差別的?

いやさー六本木、ごつく久しぶりで、街の変化はすげえとか思ったス。
大江戸線の六本木駅からは遠かった。
日比谷線の六本木駅の1cが一番近いと思う。
あまり濡れない。(笑)

ONE PIECE展
大音量で動く原画。
仕事帰りの疲れ目とか実験室の騒音に耐えた耳とか、
強張った体には余り優しくないかも。(笑)
大海を行く麦わら達を見るのは三半規管が丈夫じゃないと辛いかも。
クーラーが効いてて結構寒かったス。

もうエースの死ぬトコは見たくない…。
膝に爪を立ててなんとか凌いだ。

のぞき窓のニーカマー達とイワちゃんにも会えたし。

シャボンを影でポンポンするのも楽しかった。
セリフや絵が変わるの~。サンジとゾロを追っかけてぽんぽんした。

カバー絵の一覧、壮観!
カバーにすると切れるとこがあるのが残念って、裏にも続ければいいのに。

尾田先生の創作現場。

なんといっても原画!
白黒の原画の繊細さ。
カラー原画って紙も違うように見える。どこの紙を使っているのかしら~。

羊皮紙のような紙を使用してるのもあった。
CGか?と思った号のは線が黒じゃなくてカラーだった。

21,22号のカラー扉絵と原画もあった。あの男性軍が銃を撃ってるヤツ。
そしてでっかい描き下ろし原画~!

とにかく実際の絵は艶やかで鮮やか!

パンフにも描き下ろしの絵は載ってるのだけど、
印刷するとブルックの髪の質感や、
フランキーの腕の感じがなくなっちゃうのがすごく残念。
コピックってこんなに盛れるんだ。すげえ。

作成現場ムービー、
エンピツで下絵して消しゴム掛けて、
濃いエンピツで本絵入れして消しゴム掛けて、
そしてGペン入れ、色付け~、ホワイト入れ~。

ホワイトは色鉛筆だろうなって思ってたけど、
その上にアイシーのホワイト乗せて掠れさせてる。

前に平均睡眠3時間って書いてあった~。
ううう命、削ってるよね~。

尾田先生、展覧会、開催おめでとうございます。
そして、66巻発行、おめでとうございます!
いつも、楽しませていただいて、ありがとうございます~。
で、戦利品。
チラシとパンフと貰ったおみやげ。
OPtenpanf.jpg

50Fの公式ショップの下敷きとかメモ帳とか、
トートーバックとかクリアファイルとかポストカードとか。
OPtenCSNPB.jpg
クリアファイルの絵、クラフトサニー号の麦わら達。可愛い!

3Fのショップでは66巻と、
ステッカーとか缶入りクッキーとか、お菓子入りティッシュケースとか。
後ろは新聞の号外。
これに載っている仕事場の写真がすごくって、
もう、こうオーラというか、プレッシャーというか、鬼気迫るというか、
パネねぇ。
OPten3FS.jpg

これは50Fショップの袋。3Fショップのは森アーツセンターのだった。
OPtenB.jpg

52Fのマドラウンジ、マドラウンジスペシャルへは時間の都合寄れなかった。
次、行くときには、必ず!
OP_madoC.jpg



最近、書いたもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。