上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまったよ~。

どこかの銀さんみたいなセリフが頭に浮かびました。
携帯電話(PHS)を仕事先の洗面台で水没…。

通電中の赤ランプが点きっぱなしで、
電源OFFキーも効かなくなった。

バッテリーを外して、
水分を拭いて、バッテリーを接続したら、
バイブが留まるところを知らない!

再びバッテリーを外す。

水が滴ってるので横を持って振って水を落とす。

トイペでぐるぐる巻きにして水分を吸収。

机上にフタをすべて開けて晒す。

サイトで水没時の対処を検索。
なに、無水アルコールで洗え?
溶けないか?

一応、無水アルコールスプレーがあるので、
吹きかけ水分を拭う。

さらに干す。

PCの横だと風が強くてよさげ。

某電気店で専用ドライヤーで乾かすサービスがあるらしい。
30分で1000円くらい。
家でドライヤー冷風でやってだめだったら持っていこう。

帰宅時に薬局によってシリカゲルをゲット。300円くらい。

自宅に戻り、
電話機は思ったより乾燥してるので
ドライヤーは止めて、すぐシリカゲル救済方法を。

ジップロックの袋にシリカゲル(1リッター用)×2袋と、
電話本体、フタ、バッテリーを詰め込み、空気を抜いて密封。

大体18時間経過。
次の日の昼休み…バッテリーを接続してみる…。

ついたどー!

どっかのヅラ子と反対なセリフが…。

画面の表示が点いて復活~!
うれし~!!

内容は消えちゃってるけど、
たいしたものは入ってないのでOK。

水濡れチェッカー(ピンクのやつ)はそのままだが、
元気に動いているのでよしとしよう…。

とりあえずフタはしばらく開け状態で。
そして引き出しにはシリカゲルとジップロックの袋を。



最近、書いたもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。