上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちはオンリーです~v

因縁

サスケ、目を見開いて。
「守るだと? なんの冗談だ」

すごい絵きれい~!

あの夜の協力者のこと。

俺がそのうちはマダラだ。

イタチの生き方を。
イタチがサスケに天照を仕込んだ訳。

あの夜の事を知っているのは、
ダンゾウ、三代目、ホムロ、コハルだけ。

忌まわしい事実を公開しない。

マダラ、イタチの真実を知っていると。

サスケの慟哭。

マダラ、イタチを思い出せ。

サスケ、イタチにおんぶされて~。

木の葉警備隊の建物の前。

なぜうちはの紋が付いてるのか。

忍の犯罪を取り締まるのは、
さらに優秀な忍だけだと。

あの日の思い出、万華鏡写輪眼。

サスケ、息が荒い

たとえ憎まれようと、それが兄貴だと。

サスケ、ぐらぐら。

木の葉の古くから続く因縁の犠牲になった。

信じるかはサスケしだい。

80年以上前、戦国時代。
各地で争いが絶えない。

最強はうちはと森の千手一族。

マダラ、かっこいい時代。

柱間様、美形~。

マダラの憧れの忍だったんだ。

マダラ VS 柱間。

うちは一族を守る為の力が必要だった。
弟は自ら目を差し出した。

そのうち、千手が休戦を申し込んできた。
マダラは反対した。
千手にうちはが駆逐されてしまう。

うちはの大多数が賛成した。

一国一里制に。

争いも鎮火した。

マダラ、柱間と対峙しようとするが。
1人だけ。

里を抜けた。

九尾襲来、
うちはの瞳力だけがコントロールできる。

反逆?

暗部によって監視されていた。

ダンゾウは暗部。

イタチはスパイだった。

次回、イタチの真実

この絵でこの真実を告げられるとは…。



真実


洞穴にて、
九尾の襲来もうちはへの風当たりがきつくなる原因だった。
マダラ~CVの内田直哉さんのお声~きれいに響いて~v

スパイだったイタチ。

サスケは幼かったから何も知らされていなかった。

うちはフガク~浜賢さん、登場~!
「イタチ、おまえは一族と里を繋ぐパイプ役」

イタチ、二重スパイか。

4才で第3次忍界大戦を経験。
争いを好まぬ性格に。

おー!麗しいイタチ。

ダンゾウ、里の上層部が下した任務とは。

「うちは一族全員の抹殺」

うちはの反乱、首謀者がフガクだった…。

己の手で一族の歴史に幕を下ろす。

イタチはマダラの存在に気付いていた! ええ?これはアニメ・オリジナル? 補足?

里に手を出すなと。

三代目の和解案は失敗した。

イタチの任務…。

1点の失敗は弟だけは殺せなかったこと。

本当の思いは言えなかった。

己の器を確かめるため。

生かしてやる。俺のために。

俺と同じ目を持って俺の前にこい。

イタチはサスケと戦って死ぬことを望んでいた。
サスケに新しい力を与えるため。

イタチが本気なら、サスケは生きていないはず。

サスケはイタチを追い越さないといけなかった。
そして、大蛇丸の呪印からの開放。

サスケに親しいものの死によって、
万華鏡を開眼させるための戦い。

イタチにとってサスケの命は、
里より重かった。

サスケ、イタチと遊んだ頃の回想。

かくれんぼ。
サスケがオニ。イタチを見つけた。
そのイタチは分身だった。

サスケ、フガクに、
兄さんがかくれんぼに分身を使ったことを。

もう分身がつかえるのか。フガク~親バカモード~v

回想ではいつもむくれてるサスケ~w

いつもいっしょにいられなくなる。

たまにいっしょにいてくれればいいよ。

唯一無二の兄弟だ。

「許せサスケ、これで最後だ…」

サスケ、泣く。

サスケの決意、蛇から鷹に。
「木ノ葉を潰す…!」

キャスト、5忍の「うちは」だけ~。
うちはイタチ:石川英郎さん、うちはサスケ:杉山紀彰さん、
うちはフガク:浜田賢二さん、うちはミコト:相楽恵美さん、
うちはマダラ:内田直哉さん

次回、八尾、登場~キャストはどなた?
サスケ達、鷹、暁からの請負仕事。
八尾の捕獲。


やっぱりイタチには泣かされました…。
最初は良く分からなくて、
なんでイタチはこんな手の掛かることを~とか思ってました。

激ラヴだったのですね~。イタチ兄さん。
本誌でも久々のイタチ兄さんの登場ですしv

それにしてもサスケっていろんな人に愛されてるな~。
そして取り憑かれる…w

しかし、これ以上目つきが悪いサスケは嫌だな~。
サングラス掛けさせちゃうよ?w
最強アイテムだよん。

サスケ、大人になってもあのカルガモちゃん髪なんだろうか~。
もそっと伸ばしてやって落ち着くといいのだけれど。
カ○イ伝のサスケは髪伸びたと思う。



最近、書いたもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。