上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国王、登場~。
「忘れないで欲しい、
おまえはラグスの王子だということを」

リビドザイル、かっこええ!
惚れぼれするな~v


ZERO-SUM 10月号のCFはアヤナミ様~v

「なかなか、やるじゃないか」


試験官ズ。

あんな回答をする受験者は前代未聞だと。
勝者の名前を書けか。

「くそったれ」

フラウが書いた。

「あいつに似てるのか~はははは」 なぜ笑う?

ココは試験官ズルーム。
床の窓に受験者が映る。
ここから監視していた。

受験生…。いじわる、カイルだっけ。
ペアの相手に殴られ、敗者の扉へ。
しかたがない。
ここまでこれたのはあいつのお陰。

合格だね。あのこ。

扉を潜る理由こそが問い。

勝者の扉を潜ったほうは、

「汝、人を踏み台にして勝者の扉を潜ったな!」
ゴースト?ゴーストが裁くのか?

ウィーダ達、最後の問題の前で。

ウィーダ、
「リアム、お前が勝者の扉を行け」

リアム、ウィーダの気をそらす。
その隙に解答欄にウィーダと。w

「兄ちゃんの名前を勝手に書くな!」w

リアム、ウィーダ、ともに合格。

テイト、
あの司教、とんでもないヤツだと思ってた。

ランセ~w

双子のおじいさん達にあう。

元大司教、リゼットのことを、
心が落ち着くと。ここら辺りからアニメ・オリジナル。

一次試験に合格した受験生達、集合。
二次試験までいったん解散。

中庭。

ラブ、
「花達の不安の陰が濃くなってる」

フラウ、
「まだ敵がどこかにいるっていうのか?」
俺があぶり出してやる!

リビドザイル~。

オーク、教会に踏み込むんだって。
手に負えるか。


教会、
お昼ご飯~。
シスター、お昼をテイト達にふるまう。

テイト達、ラゼットのところへ。

「あれはテイト君とハクレン君」

テイト、司教受験生服のまんまで潜るのか!

ラゼット、テイトの手を取って。
ハクレンも付いていく。

水の流れが~急。おお!○マのようだな~w

水のほとり。
ここは?

球状窪みの芝生に壊れた屋根。大聖堂の跡?

中央に扉が。

ハクレンには見えない。

フラウ~v
「近しいものの死を経験したか、
あるいは見たものしか見えない門だ」

潜るか、潜らないかはお前しだい。

テイト、いくのか。

「お前はここで待ってろ」

ハクレン、
「よき大人とは、いかなるときも広い心で待ち構えるもんだ」
ゆえに悔しくなどないぞ、断じて。

カストル~、
貴方が望むのなら。

扉の向こうには。

よく来たねテイト。
国王~!会話? 死者には会えないハズだったのでわ?

まさかそんな。
分かれ道が来るとき、何を選択するか。

ファーザーも。
行きましょうゼーレの地へ。
ゼーレの地とは世界の果てのこと。

テイト、苦しむ。

ハクレン、
見守り続けろと。

テイト、何を。

すごい光が!

テイト、戻ったのか。ザイフォン。

ああ、行こうハクレン。

見えたようだな。

俺には見えなかった。

テイト達、集合に遅れ?

目の色で何を?

心優しきラグスの子。

階段、壁の紋章。セブンゴースト。

ゼヘル、プロフェ…。

まさか知らないわけじゃないだろうな?

テイト、例の夜の一件から、
フラウやカストルのことを詮索しないようにしてきた。

「心を闇に食われるなテイト=クライン」

ま~ランセ司教の御髪~つやっつや~。

ランドカルテ…。

フェアローレンの復活を妨げるために、
守り続けるゼブンゴーストの魂も地上につながれている。

バルスブルグが軍を教会に送った。


「二次試験は法術試験」

1人ずつ扉を潜る。

じゃあな。向こう側で会おう。

ハクレン、
この道は来たことがある。

これはコール!
でけえ!

早い!
ハクレン、必死で倒す。

こんなのをフラウ司教は瞬殺~。

ハクレン、お顔がフラウに~w

「ハクレン~」

この声は?

テイト、
「俺はここを知っている」
ミカゲ、お前を失った場所だ。

足音。
来たのは、アヤナミ様~。

「わたしがそう簡単に引くと思っていたか?テイト=クライン」

「殺してやる!」
おーテイト!面構えが違う!
黒いテイト~v


ラストアイキャッチ。
アイフィッシュのお昼~どんな味なんだろ~。


や~アヤナミ様、絶好調~v
出てらっしゃると、どきどきです~v
御髪が紫だとラブと見分けが付かないので、青になったと?

フラウ~v 前回に続いてちょこっと。

イヤホンで聞くと、すっごく響くのよね。
(ヘッドフォンは頭が痛くなる~、
通常サイズのイヤホンは耳が痛くなるのでカナル型XSにしました)
イヤホンによって特性がだいぶちがうので、やばい。
淀店であれこれ視聴させてもらいました。



最近、書いたもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。