上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hagaren26.jpg
27巻は11月発行予定。

アニメではあっとゆーまに終わった感のハガレンですが、
こうしてコミックスでじっくり読むと、
別の味わいが。

今巻の印象はなんといっても、
キンブリーの一言。
エドの内側に乗り込もうとするプライドを美しくないと。
この一言に彼の美学が見えて共感した。

もっとも、お声はうえだゆうじさんので聞こえたけど…。
1stのイメージ、最後まで…。

劇場版ハガレン、FAじゃなかったら、
1stの面子でいけたのかしら。
2ndのごーかさはすごいと思うけど、
1stのイメージがぴったりだったのでね。
残念だ。

いつものおまけ?
力はいってますね~おまけ?
表1マンガ、アルはなぜグリーンを選んだ?
表4のイケメンアル~。気持ちは分かるけどさ、アル。
おまけ四コマ。
そうだよねお父様、ずっと地下だったんだから、
このくらいしても当然だよね。
父ちゃんを楯にしてるエルリック兄弟~。
フラスコの小人も老眼になるのだろうか?
スポンサーサイト

hagaren25.jpg
ハガレンはもれなくカバーをめくって、
表1、表4から読みます~w
表1の草食系男子~!w
表4はちょっとしんみり、でもそうだといいな。

いつも楽しみな描き下ろしの4コマはラストに取って置いて。
あの恐い、目だらけの弱点が~w
ホークアイさんの一言が~w

本編は怒涛の展開なので~。

えっと、何回殺したら死ぬのでしたっけ。

ハガレン、次巻で終わるのでしょうか?
アニメはラストまで描くと聞いていますので、
次巻が8月に出るのでしたら、アニメは6月までだから…?


アニメ・ハガレンFA。
1stと2ndのキャストの変更に付いていけず、
しばらく放置していましたが、ガーと見ている最中。

絵は綺麗、よく動いていいです~。

が、やはり、
マスタング大佐は大川さんの声を期待してしまいます。
グリードも諏訪部さん声を…。
うぐぐぐぐ…。1stの印象が強すぎ。

ハガレンも24巻めか~!
hagaren24.jpg

恒例の表1、表4…w
「ファサ…」
アームストロング少将の髪、綺麗だよね~v

バッカニアとマイルズも髪紐を解いて…w


ブリッグス隊、マスタング隊が迷子中に、
作戦本部を占拠!

「勝った!」

と、思ったところ、なんとラース、
キング・ブラッドレー大総統、帰還…。おう!

門の前にはファルマン少尉!

ブラッドレー VS ファルマン~! ぎゃあ!

もうだめだってとこで、
ファルマンさんったら、
「大佐…」

そこに、グリード~リン=ヤオ、到着!

1食1泊の恩。

「ちょっと手伝うヨ」
個人的なこだわり。

ラース VS グリード。

はあああ~よかったよ~。
ファルマンさんが殺られなくて。
ラース、グリード戦なら安心して見てられる?
そうでもなかった…(T_T)

その頃、地下ではマスタング隊、

キング・ブラッドレイを作った男に遭遇。

男、たぶん研究者は練成陣を発動させ、
アル、エド、イズミを飲み込んだ!

うげ~、エド、また怪物の腹の中か?


おまけの4コママンガ~w
キング・ブラッドレイ帰還。
ファルマン少尉~!
KB、ただのよっぱ。折を下げてるし~w
KBに酒臭い息攻撃されるファルマンさん~w


本誌がすっごく気になるところですが、
あえて読まない~。
でも、気になる~。読みたい~w

ファルマンさんの大写しに~v

KBファルってゆーのもアリ?…w
いやファルマンさんは大佐一途だったりして。
「大佐は?」
「大佐…」

星空…。
名前を沢山呼ぶ。
「すまない、使わせてもらうよ」
自分の体に指を立てる、鮮血!
地面に落ちたはずの血は?

13年前。

「なでてあげればいいのに」

ホーエンハイム、
「うつる…」

わたしなんかうつりまくり、トリシア~w

ホーエンハイム、
この体になってから沢山の死を見てきた。
年を取らないことが恐ろしくなった。

家族の肖像写真を。中々強引だぞ~トリシア~w

写真屋さん、CVは立木さん?

バケモノだなんて、
あなた、笑って。
ホーエンハイム、
涙…。

受け入れて生きていくつもりだった。
いっしょに老いて死にたい。

ホーエンハイム、練成陣をみて、
あのやろう…。

ホーエンハイム、ブランコ作り。
あいつらに何もしてやれなかった。

トリシア、俺、行くよ、待っていてくれ。

顔を見たら俺…。

ばかね。

アルとエド…。トイレ~。

ホーエンハイム、何かを決心したお顔。

もう少しだ。


地下、
どうだ?
だめです。
上と繋がらない。

馬が先に行くことを嫌がる。

何かが。

闇が!

あっという間に小隊全滅。
カンテラを下げた騎兵、必死で駆け抜ける。


完全な不死の軍団に興味はないか?
二択。

さて、どう答えるのがベストか。
アームストロング少将、高度な交渉中。

トンネルの先遣隊が異常ありと。

エド達、傍受中。

バッカニアに連行されてエドとアル…。
キンブリーに遭遇。レイブン中将の客人。
紅蓮の錬金術師。

鋼の錬金術師、二つ名通りの姿…。w お約束…w


アームストロング少将、
部隊の連絡が途絶えたと報告が。
レイブン、元に戻して、
穴を塞げと命令。

エド、アル、再び牢の中。
セントラルのレイブンだ。
約束どおりしゃべってないようだな。


レイブン、スロウスに話しかける。
プライドに言われている。

スロウス、穴に飛び込む。
また掘り出した。

さあ、早くこの穴を塞いでくれ。


スカー小屋~。
マルコさんとメイチャン。
古代イシュバール語で読めない。

外では兵隊が小屋を見張っている?
見つけました。
よし、いくぞ。

ビシ!
何者かに倒された。
スカー、登場。

小屋のマルコーさん達にスカー、ヨキが合流。
スカー、見つかったので場所を移すと。

砦、スミス…腕だけが戻って…。

もしやイシュバールも?

キンブリー電話中~。

マイルズ、キンブリーに不信感を。
瀕死の重症、
上官殺しで営倉送り。


少将、レイブンの腕を剣で串刺し。
スミスの腕は右か左か?

少将、レイブンを切捨てて、コンクリに落とす。
レイブン、沈む…。

キンブリーとマイルズ、お話中~。
マイルズに伝言。
もう引き止めなくてよし。

マイルズ、レイブン中将が見えなくなった。
キンブリー、
中将に何かあった場合、自由意志で動いてよいとの、
大総統の許可をもらっている。


地下穴は埋めてしまった。
鋼のが抜け穴を作ってくれた。


キンブリー、牢のエドとアルに面会。
どうも嫌われて…。

ウィンリィ!

「なんで来たんだよ!」

オートメールを付け替えに。


中央、車の中でマスタング大佐と、
ブリッグスで看護士をやっている友人からの情報。
瀕死の重傷、キンブリーが、
レイブンが来たとたん直った。

今日の情報はそんなとこ。
大佐、謝礼?

車の外に出てお見送り。

花屋、振られたね兄さん。
花を買わないか?

少将から伝言があるよ。

その花、全部もらおう~w


三木さんが言うとね~w

ブリックス流を見せてやる。

脅されて無理やり手伝わせられたことに。

あ、マブダチだから~。
え~。
ファルマンも仲間だと~w

少将、バッカリア、マイルズに指示。

マイルズ、エレベータのボタンを押す。
スロウズ、下へ。

ドアが開いて、スロウズ、降りる。
ここどこ?

「バッカリア、いまだやれ!」
スロウスに液体が。

何かエレベータで来た…。
少将、戦車に乗って登場~!w

砲弾がスロウスの体を外へ。
スロウス、身動きしてる。

ファルマン、銃でつららを撃ち落として、
スロウスにぶつけた。

飛び蹴り~!

スロウス、砦の外へ。

寒冷地仕様の混合燃料だ。

スロウス、凍り付いて。

寒い…。

スロウス、眠った?
何回、死ぬんだっけ?

少将、「連行しろ」
エド達、連行されちゃう。
ファルマンが心配そうに見てるのが…。

さむ~。

手錠…。
「おはよう兄さん」

牢屋…。

マイルズ、病院。
キンブリーのとこか。
脅し~。

レイブン中将、キンブリー見舞い。
「仕事だ」
錬金術を使える医者を連れて…。


マルコー医師とメイチャン、
北方のスカーの小屋。

大地の気について話す。
ここの錬金術は龍脈を使わない。

セントラルの地下は沢山の人が蠢いている感じがする。

「でかいですね」
線路?
緩やかなカーブを。
永延と続いている。

エド達、連れて来られた。
少将、エド達に全てを話せ、真実をと。

人質になっている人々、
ウィンリィ、大佐の部下達。

ファルマンさん、
「あの~マスタング大佐は?」

「あ~どうでもいい。
いっそ、とっとと失脚してくれれば」

大佐と少将はライヴァル?

この地下、どう見る?

円を描いて。

エド、ファルマン少尉に、
流血を伴う大きな事件について問う。

流血?

ファルマンの超記憶~。

「1558年7月、リビエラ事件、
1661年10月、カメロンの内乱、
1799年2月、ソープマン事件、場所はビスク…」
延々と出てくる。いい声~v

ファルマン、どんどん、地図を指しながら。

「そして、1914年ディオールの暴動、
死者多数だ」
エド達、驚く。

東方に中央軍が出てきた。

うまる地図。

第五研究所の地下にあったという練成陣そっくり。
人の命を使うという賢者の石の練成陣か。

軍が関係している。
建国の時から。
何かをするためにこの国を作った。

ヒューズさんだ~。

真実の奥の更なる真実の。
そこで終わりでない。

すてき~ファルマンさん~。

少将、ブリッグスの周りだけが残っている。
気に入らないと。

レイブン中将、マイルズ少佐のところに。
客人を連れてきた。
よろしく~。キンブリー~。

バケモノ、殺しても死なない。

少将、中将と面談。
エド達のこと、不死に興味があることを匂わして、
中将を釣る。

ひっかかったな。


ファルマン少尉のアップ~目なし~w
この目が開くと危険に?
いえ、人畜無害っぽい~w
なんでだろうね~大概の目なしは目が開くと恐いんだけどね~。
面倒なことを押し付けられるいい人なんだよね、
ファルマンさんってv

32 大総統の息子
w白髪のメガネの老女って、誰かの女装じゃなかったけw

キンブリー、スカーを追ってる。
老女に気付いたが見逃す。
「ふん、まあいいでしょう。
女には関係ない」

ヒューズさんの墓。
マスタング大佐とグラマンズ中将閣下。
白髪の老女は彼か~w

マスタング、セントラル上層部について話す。
みんな黒…。
グラマンズ、
信用できる部下をみんな引き離されちゃって~w

極秘連絡メモ。
グラマンズの野望の火。

化粧が崩れますよw
三木さんだとタラしてるようにしか聞こえない~w

エド、図書館で練丹術を調べてる。
アームストロング少佐、北に行くのなら、
持っていけと。紹介状を。
役に立たないかもしれぬが。
アームストロング少将へ。

スカーとメイチャンは軍隊に追われて。
高架から電車の上に飛び降り逃れた。

図書館にセリム、親戚の子を養子にしたんだっけ、
ブラットレイ大総統も登場~。
リサ・ホークアイを引き連れて。

逃げるスカー、追う軍。

北ははじめて。

33 ブリッグスの北壁
北へ。
ギンブリーが追う。スカーは逃げる。

練成のあとって分かるんだ!

エド達も北に着いた。
雪を見るのは初めて?

キンブリーとうとう、スカーを追い詰める。
車両に残されたのはマルコー?
ヨキだった…。

スカー VS キンブリー。
互いに憶えている。
圧倒的な力の差。
スカー強し。

ウィンリィ、電話。
エド達はあのまま北へ向かった。
それは死ぬわね。w

エド達、白い世界へ。
イスミは自分の師匠に1ヶ月も…。

クマ?
戦闘用オートメイル、軍隊だ!

エドの錬金術が発生しない!

エド、アル、あっけなく砦へ連行される。

少将閣下、ドーン!
オリビエ・ミラ・アームストロング、CVは沢海陽子さん~登場。
バッカニア、CVは大友龍三郎さん~登場~!

一方、マルコとメイチャン、スカー指定の小屋にたどり着いた。
地面を掘ってスカー兄の研究書を見つけるが、
この書は希望か、絶望か?


バッカニア、大友さん、合っているような気がする。
アームストロング少将、沢海さん、すでにCFで聞いていたので、
違和感はないけどやはり軽め。
もっと低そうなお顔だよね~。

スカー兄、子安さんだったな~v
もう、登場しないんだろうな~。なんで贅沢なんだ。


34 氷の女王
エド達、ブリッグス砦。
医務室か~。
エド達のオートメイルは、
寒冷地仕様になってない。

バッカニア、アルの頭を持ってくる。
どうしてこれは動いてるんだ。

ジェラルミン、ニッケル、胴…。

バッカニア、エド達を疑う。
エド、銀時計を出す。
国家錬金術師。

オートメイル整備士、出張しても付け替えろと。

赤チビ…w
何だ文句あんならさっさと言え。

少将、登場~。

アルの鎧の髪がちょびに…w

アレックスと親しくしていると聞いたが…。
姉さんの顔、恐い。w

本当のことを言えと。
エド達、言えない。

シャオメイを探している。
少将、エド達を粗忽と。
さっさと出て行け。

練丹術の娘と知り合いかと。
医学に特化したもの。

少将、故郷あってこその貴様らだと。

貴様って丁寧語なんですよね。
貴様…v

マイルス少佐、働かせろと。

黒メガネのイシュバール人だっけ、
白髪、ポニーテイル。

エド、疑問をマイルスに。

「知りたいか?」 え"っ中井さんでわ~。

マイルス、黒メガネを取って赤い目を晒す。
エド達に自分の故郷でのア人の暴挙を列挙。
エド、ウィンリーの両親のことなど、イ人の暴挙で返す。

マイルス、打ち解ける。少将の補佐を。
自分はイシュバール人の粛清規約に外れた…。

アームストロング少将に疑問。
追放しないのかと。

少将、サーベルをガシと音を立てて。
サーベル、かっこいいよね~v サーベル~v

少将、マイルスの疑問を一蹴。

ブリッグスは弱肉強食~。
エドの上につららが落ちてきた。
逃れたエドは強運。

エド達のお仕事はつらら落とし~。
エド、つららに届かないし。w

「あれ、まさかファルマン准尉」
ファルマン、つらら落とし中~。w

「エルリック兄弟、なんでここにいるんだよ」

少尉になったんだ~。
なんでつらら落とし~?
ええ~出世コース、外れたな~。
いうな~。w

ファルマン~泣きながら退場~w

エド達、ブリックス内を案内される。
兵器、最下層。
地下を掘ってる音がすると。

げ~スロウスだ~。

即、寝るし。w
エド達、言い訳?必死?

「お前ら、誰?」
スロウス、立木文彦さん~えええ!

銃が効かない。

スロウス、昇降機で登っちゃって。

上ではバリケードと待ちぶせ。

少将、
「動くな!」火炎銃?

びくとも…。
非戦闘員は避難。

大砲を。
信管抜け!

直撃!

スロウス、復活。

いって~。
めんどくせ~。

少将、
なんでアレのことを知ってると。

正体は何か?

エド、
察してくれ。

ウィンリィを人質に取られてるから…。


マイルス少佐、中井和也さんでしたね~。
家人にはトッシー?とか言われて~w
せめて土方~とか言ってやれよ~。w
これを見る前に、トッシーのマヨリンを見たからかしら。
順番は大切かも~w

マイルス少佐、スカーくらいの低いお声かと思ってましたが…。

スロウスが立木文彦さんとわ~w
マダオじゃものたりなくて、
とうとうホムンクルスに~w

やっぱり全体的に軽めになってますね~。

ヴァトー・ファルマン准尉、少尉に~。
昇進おめでとうございます~v
でも弄られ役~w
バリーとの同居のときも泣いてたっけ~w
少尉、なさけなさが、いい感じでしたよv
[ 続きを読む ]

エド、イシュヴァールのこと、
教えてくれてありがとうと。
リサに礼を言う。

エド、アルと合流。
体を取り戻したら~。
アル、アップルパイ。
エド、挨拶回り。w

状況は厳しい。

エドとアル、
錬金術が発動しなかったことを。

ノックス医師の家から、
メイチャンが出て行った。
手がかりはシャオメイ。

病院~。
うわ~ハボックさんだ~!
「これなんだ」

ブレダ、
「差し入れだ」
ダンベル~w

留守番してろよ。w

「お姉ちゃんがいっぱいいる雑誌とか~」w

フェリー、ブラック・ハヤテ号に肉を。

「フェリー曹長」
ヴァトー・ファルマン、登場~v
大佐に借り物を返しに。

「あ~あ、短いセントラル勤めだったな~。
曹長は南方司令部だっけ。
北方司令部って寒いんだろ~な~。
じゃ、またな。フェリー曹長」

― だろ~な~のトコの掠れ具合が~v

リサ、部屋に入って本棚に。
忘れ物を取りに。
スカーがまたうろついている。

「死なないで下さいね」

「ああ、苦労を掛けるな。
間違えたと思ったら撃ち殺せ。
あの日の約束だ」

そしてロイの元には誰もいなくなった…。

ポーン、フェリー。
ビショップ、ファルマン。
ルーク、ブレダ。
ナイト、ハボック~。
クイーン、リサ。

そして、キングの駒には手紙が。
チェックメイトには、まだ早い。

エド、シャオメイを探査中。

「鋼の」

マスタング、車を横付け。
金を返せと。w

エド、
「やっぱりまだ借りとく。
大佐が大総統になったら返してやる」

「鋼の」

まあ、マスタング大佐~麗しいですわよ~。作画、どなた~?

「民主制になったら、返してやる」

マスタング、車を出す。

「ロイさん、お久しぶり~」
バネッサ。

マダムクリスマス。

「特別なのを頼むよ」

マスタング大佐、紙を出す。

リンの従者、フー。
ランファンのおじいちゃんか~!
ノックス医師に別れを。

ノックスさん、照れる。
とっとと出て行けと。

ノックスさん、久々に家族の訪問を受ける。
ううう、恐い~エンヴィーの変身したのじゃないかと…。
大丈夫だった。
ノックス、家族のマグカップを出す。

キンブリー、監獄。
賢者の石を返せと。
皆殺し。

なのに、釈放~。

車が。
「久しぶりだね。
キンブリー」

エンヴィーだ。

ドクダーマルコーは逃げたかもしれない。
キメラが1匹いなかった。

丸い賢者の石。
「ほんとにえげつない…」
なぜ、わたしを逃がした。

スカー、マルコーに兄の研究書のことを。
この国の錬金術はおかしいと。

スカー、マルコーの頭を掴む!
破壊!
顔の表面だけ壊した…。う、こちらも痛くなる。

研究書は北に。


一同、北方で合間見えることに。

ファルマンはブリッグス砦に~v
楽しみ~v
バリーとの同居の回をもう一度、見たくなったわよ~。

ランプ…。
大佐?
ロイ・マスタングさんの若い頃か~。
錬金術の師匠。
ヘタレ・ロイ…w

師匠、研究は完成している。
私は死んだ、娘を頼むと。燃え尽きた?

リサ・ホークアイさん、髪が短い。
やさしげなお顔。
ロイ…、信じていいですか、
父の夢を託していいですか?

ブラック・ハヤテ号~。現在か。
リサ、制止。
エド、銃を返しに来た。
人は撃ってない。撃てなかった。

スカーがウィンリィの両親の仇だった。

生き延びなきゃだめだと。

これ、重荷になっちゃった?

リサ、イシュバールの話をエドに明かす。

きっかけは軍人がイシュヴァール人の子を撃った。
暴動が広がった。
鎮圧のために国家錬金術師も導入された。

リサも出兵したんだ。

ロイも…。

ヒューズさん…。

「おい!ロイ・マスタング!」
久しぶりだな…。

人殺しの眼だ。

ああ…

変だ。ヒューズさんは変わらないのに。
ロイは変わってしまった。

ヒューズさん、戦場で恋人のことを考えると、
明日まで生きていけると。
この手紙だけが。

「お久しぶりです。マスタング少佐」

リサ・ホークアイさん…。

『なんてことだ。
この人も人殺しの眼になってしまった…』

「教えてください少佐…」
国民を殺しているのはなぜかと問う。

キンブリー!
それが仕事だと。
「戦場は人を殺す場所」

「ヒューズ、お前はなぜ戦う」
「死にたくないから」

人柱を殺して、賢者の石を作り、
キンブリーに。

軍にイシュバラの民の代表が立った。
わたしの命で皆を救って欲しい。

一人の命の価値は、
一人のみの価値。

リサ、ロイの前に立つ。

「君にわたしの背中を護ってもらいたい。
道を外したら撃て」


次回は大佐の部下達が~v
楽しみ~v

エンヴィー、エドとアルを案内。
「乗りな」
エレベーター。

軍人に変身しているエンヴィー。
お前ら汚い…w
エド達、シャワー~w

エンヴィーってきれい好き~w

エド、扉の向こうのアルの体のことをアルに話す。

アルの肩にシャオメイが。
体の中にメイチャンが~w

あとのことはラースに。

うは~ラース、キング・ブラッドリー~。
ロイ・マスタング大佐~。
ご一緒にお茶中?

大佐の部下達はあちこちに配置転属された。
人質~。

エド、国家錬金術師を止めると。
血まみれ銀時計を差し出す。
ラース、ウィンリィを知ってる。
先手、必勝だな~。
戻ってきた銀時計。
受け取るエド。

体を元に戻す旅を続ける許可はもらった。

大佐、野望のためには飼い犬になっても、
負け犬になるのはいやだと。

野望…。

「ヒューズを殺したのはあなたですか?」
「いや、わたしではない」
では、だれ?
質問はひとつ。

大佐とエド、部屋を出る。

エド、大佐に小銭を借りる。

しけてる…w
チンピラか? w

大佐、車に。
アームストロング少佐がいる。
ホークアイ中尉、戻ってくる。
逃げなかったのか。

エド、ウィンリィに公衆電話から電話~。
この公衆電話はいやだな~。

リン…グリードか。中村さんだな~。

おまえのダチ、
こいつを待っている女に渡せと。
布をエドに渡す。

セコイまねはしないのか。

逃走中スカー、
監禁されているマルコ医師に会う。
傷を治療すると。

ノックス医師の家。
患者にベットとソファ占拠され、どこで寝るのか。
エド、リンからの布をランファンに渡す。
我、賢者の石を得たと。
我が一族は安泰だと。
若はどこだ?

リン=グリード。
体の調子はどうだ?

シンの王子。欲をこいてすべて…
「やかましい!人間を舐めるな!」

おおお!リンだ~!宮野さん。
こうして乗っ取ろうと虎視眈々。

アームストロング少佐、大総統がホムンクルスだと告げられる。
少佐、イシュバールでは逃げた。

大佐はこれからどうするのか。
試されている。

ランファン、事実を知る。
オートメイル技師を紹介しろと。
すげえ覚悟だ。

ノックス、病人は静かに寝てろと。
部屋は散らかり放題。
別れた女房と息子…。

エド、修復の手伝い中。
午前中は錬金術が発動しなかった。

メイチャンとスカーの術は使えていた。

マルコーはスカーに死にたいと…。

は~益々凄惨になってくるな~。
1stより血が出て悲惨さがアップしてるけれど、
ライトな感じがするのは声優さん達の?

鋼の錬金術師より賢者の石グミ~。こちらもメイト。
KenjyanoIshiGumi.jpg
イチゴ味…。

食べるのはちょっと躊躇しますが、
牛乳瓶というのが楽しいです~v



最近、書いたもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。